学びの時間~ソファの張り枠編~

こんにちは。wood凪の事務兼製作補助担当の坂元です。

今日は、製作中のソファの張り枠を使って、学びの時間が設けられました。

図面と照らし合わせ、実際の作りや加工を確認。

なぜそのような加工になっているのか、張地との兼ね合いを踏まえた話を社長からしてもらいました。

私たちが製作するのはソファのほとんど見えなくなる部分ですが、とても奥が深いです。

張り枠といえど、その加工の仕方一つで家具を長く使えて、後に修理や張替えができる物に仕上げられるかどうかが決まるとのこと。

オーダー家具屋だからこそ成せる技がたくさん詰まっているのだなと思いました。

まだまだ勉強しなければ、、、

実物を使って学べるというのは有難い機会です。

wood凪では、職人がそれぞれ技術を向上させていけるよう、このような学びの場を積極的に設けています。

家具作りに対する思いをいつも熱く語る社長。

そこから私たちも家具製作の面白さを味わい、日々の仕事に対するモチベーションを高めています。

2020.7.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA